ヤマト住建❁立川店❁  【女性スタッフブログ】

ヤマト住建立川店のスタッフの日々とお家のこと

断熱材って何がいいの?/ヤマト住建

こんにちは、ヤマト住建立川店です。

 

今日は断熱についてお話させて頂きます。

 

まず断熱材の種類について・・・

Image

【グラスウール】

 

価格が安く吸音性能があるため防音性が高いです。

 

物自体は劣化しませんが、湿気に弱いため

 

湿気を吸うことで繊維が下に垂れてしまい、

 

数十年後には断熱の意味を持たなくなってしまいます。

Image

【泡断熱】

 

最近リフォーム番組などでも良く見られ、流行っていますよね。

 

でも、こちらの断熱材は一番よくないんです。

 

泡断熱は薄く吹き付けたものが膨らんで全体に広がっていきます。

柱からはみ出た部分はカットするのですが、

このカットする行為がよくないのです。

 

カットする前は水を通さないのですが、カットしてしまうと気泡が表に出てきてしまい、そこから水が染み込んでしまうんです。

 

泡断熱自体はカビないのですが、水を通してしまうので、

柱や壁がカビて、そこからシロアリや害虫が来てしまいます。

 

また、リフォームする時に、木造と一緒に壊せないので、コンクリートぐらい手間がかかってしまいます。解体にプラス100万円くらいはみておいた方が良いです。

 

実は大手ホームメーカーは泡断熱を使いません。

 

なぜなら、

 

長期保証をしているので劣化しやすいものは使えないから・・・

Image

【硬質ウレタンフォーム】

 

ヤマト住建の断熱材は

 

硬質ウレタンフォームのアキレスボードを使っております。

 

素材は泡断熱と同じです。

 

イメージでは、泡断熱をギュッと圧縮したものです

 

なので、泡断熱の方が分厚く見えますが、

 

泡断熱より気泡が凝縮しているので、その分熱を逃がしません

 

だから断熱性能が高いんです。

Image

次に構法について・・・

 

内張り断熱とは柱と柱の間に断熱材を入れる工法です。

 

木は断熱性能が高いけれど熱を通すので、

 

柱から寒い空気や熱い空気が家の中に入ってしまいます。

 

日本は四季があり、暑かったり寒かったり・・・

ましてや梅雨まであるので、

そんな空気を通し続けたら柱が駄目になってしまうんです。

 

 

だから柱を守るために

 

柱ごと外から囲む工法“外張り断熱”を採用しております。

 

これによって、断熱欠損がなくなるんです。

Image

さらにヤマト住建ではW断熱を推奨しております。

 

外張り断熱内張り断熱

 

こちらは商品によってですが、

 

オプションで30坪21万円程なので、

 

とことん高気密高断熱住宅になる為におススメです!

Image

基礎パッキン工法について・・・

 

床下を喚起するために、基礎パッキンを用いた工法を採用しております。

 

従来の喚起工法は基礎のコンクリートに喚起口があるものでした。

Image

でもこの工法だと、基礎のコンクリートにひび割れが出来たり、

床下のコーナー部分に湿気がこもりやすいなどの欠点があるんです。

 

そこで用いられたのが基礎パッキン

 

土台と基礎の間すべてにパッキンを入れることによって、

全周から喚起することができ、基礎強度もアップすることができます。

Image

防腐・防蟻効果が高いので、薬剤に頼らない環境にやさしい工法です。

 

素敵な工法ですが、さらにもう1つアドバイス。

 

本当は基礎断熱がおススメ!

 

基礎断熱とは、床下全てに断熱材を入れる構法です。

 

でもこちらはオプションになってしまうんです。

 

基礎パッキンは、外の空気が入るので冬は床下が冷たくなってしまうんです。

 

基礎の事を考えるとなるべく温度差がない方がいい!

 

基礎断熱なら、床下に手を入れても室内と同じ温度だから

土台や基礎、柱、全てに優しいんです。

Image

ヤマト住建のお家は、高気密高断熱なので、

通常の構法でも家の中は関係なく十分暖かいですが・・・

 

家全体のことを考えて、

 

余裕があれば基礎断熱がおススメです。