ヤマト住建❁立川店❁  【女性スタッフブログ】

ヤマト住建立川店のスタッフの日々とお家のこと

ヤマト住建【Airフローシステム】が日刊木材新聞に掲載されました!

こんにちは、ヤマト住建立川店です!

 

の度、日刊木材新聞に 

 

ヤマト住建のAir(エア)フローシステムについての記事が掲載されました! 

 

 

 

そこで今回は、ヤマト住建のAirフローシステムについて、 

 

ちょっぴり詳しく解説しちゃいます★☆ 

 

■そもそもAirフローシステムとは、なんぞや。。。?と思った方も多いのではないでしょうか。

 

 Airフローシステムとは、1階リビングと2階ホールにエアコンを設置し、

 

 冷・暖房による冷風と温風を家中のダクトを通じて各部屋に循環させるシステムです。

 

■Airフローシステムのメリットとは、、

 

 ・各部屋の温度を一定に保つことができるため

       年間を通して快 適に過ごすことができる。 

 

 ・従来のYUCACOシステム(全館空調)の1/2のコストでできる 

 

 ・約1.5畳分の空調室が不要。 

年間を通してストレスなく快適に健康に過ごすことができるなんて、、素晴らしいですよね! 

 

 

 

これから冬の季節。 

 

冬はなんだかんだ言って寒いですよね~。 

 

リビングも、お部屋も、暖房器具のあるお部屋は暖かいですが、、 

 

冬場どうしても寒いと思うのが、 

 

脱衣所トイレです! 

 

特に脱衣所は、お風呂に入るまでが寒くて辛いですし、

お風呂場との急激な温度差で”ヒートショック”の危険性も高ります。 

 

 

健康のためにも、お風呂場と脱衣所の温度差をできるだけなくし、 

 

心身ともに快適に過ごしたいものです。。

 

そこでおすすめしたいのが、

 

ヤマト住建のAirフローシステムです!

 

 

Airフローシステムは、

各部屋の温度を一定に保つことができるため、 

寒い冬場でも、暑い夏場でも、年中快適に過ごすことができます。 

 

また、全館空調システムよりも低コストで抑えられ、

UA値0.39!  C値0.5以下!

 

これも、ヤマト住建の強みである高気密・高断熱の設計だからこそ実現できることです!

 

 

在宅時間が増え、電気代などの光熱費を気にされる家庭が増えてきた中、

 

ヤマト住建の高気密・高断熱の設計であれば、

 

お家の中のエネルギー効率が良く、

 

電気代も抑えることができます。

■UA値とは、、 

 

住宅の内と外の温度差が1℃ある場合、建物内部から逃げる1時間あたりの熱量を外皮等の面積の合計で割った値で、

躯体を構成する部位の「熱の伝わりやすさ」を表します。 数値が小さいほど、断熱性能が良いといえます。 

 

 

 

■C値とは、、 

 

C値=0.5以下の気密性能は、北海道でも快適に暮らせる気密性です。 快適で、高性能な住まいを実現する為にも重要な気密性能。

「エネ-ジュUW」では、北海道などの寒冷地水準2.0cm²/m²を上回る、0.5以下を実現。 家の隙間を大幅に解消した、高気密住宅であることを実証しています。 

 

また、ヤマト住建ではそのほかにも、

 

内外ダブル断熱エクセルシャノン樹脂サッシトリプルガラス

 

地震から住宅を守る制震ダンパー(エヴォルツ)

 

標準装備す!

 

お客様のニーズに合わせて、

屋上庭園、家庭で使う電気を自給自足できるV2Hシステム等の搭載が可能です。

ZEHLCCM住宅に対応し、エネルギーの効率を良くして、

お客様の光熱費などを含むランニングコストと脱炭素社会へ向けた地球環境改善の、

両方を考えた家づくりを行っています。

 

Airフローシステムで年中快適に★

 

高気密・高断熱で、地震にも強いお家!!

 

自由設計で、あなただけの理想のお家を建ててみませんか?

 

 

 

気になることや、ご相談、ご質問などございましたら、

 

お気軽にお近くのヤマト住建まで、お問い合わせください★

 

担当スタッフが詳しくご説明致します!