ヤマト住建❁立川店❁  【女性スタッフブログ】

ヤマト住建立川店のスタッフの日々とお家のこと

高気密高断熱住宅には全館空調がおすすめ!メリットをご紹介

一般的な住宅の場合、住宅内を快適な空気温度に設定しても、窓や壁を通じてその空気が外に逃げてしまいます。
この結果、エアコンなどの冷暖房器具による光熱費がより多くかかってしまうのです。
一方、高気密高断熱住宅では、部屋の熱・空気を外に逃がさずに家の中に閉じ込めておくことができます。
そのためエアコン一台での全館空調により「夏場は涼しく、冬場は暖かく」過ごすことができるのです。
高気密高断熱住宅でいつでも快適な住宅温度を実現することができるのが、「全館空調」。
今回は、高気密高断熱住宅におすすめの「全館空調」のメリットについてご紹介していきましょう。

 

年中快適な温度が保てる

高気密高断熱住宅に全館空調を導入することで、冬場は暖かく夏場は涼しい環境を作ることができます。
「全館」の通りキッチン・リビング・トイレ・洗面所・それぞれの居室・浴室など、家中すべての場所がいつでも同じ快適な温度に保つことができるのです。
それぞれの部屋の温度を管理したり、就寝前にエアコンをつけたりする習慣も必要ないのです。
寒さの厳しい冬場であってもスムーズに起きて用意することができるうえ、全館空調を導入してから深く眠れるようになったという声もあります。
また高齢者がいるというご家庭であれば、夏場の「熱中症」や冬場に引き起こしやすい「ヒートショック」などを防止することもできます。
家族がこのような暑さ・寒さによる健康被害を受けずに、いつでも安心して健康的に過ごすことができるのが全館空調の最大のメリットであるとも言えます。

「ヒートショック」とは?

真冬の季節に暖房をつけると、暖房が効いている場所と効いていない場所とでは10℃以上の差があります。
「ヒートショック」は温度の急激な変化によって、人の身体にダメージを与えてしまうことを言います。
暖かい場所から急に気温が10℃以上低い場所に移動すると、血圧が大きく変動し、心筋梗塞・失神・不整脈・脳梗塞といった健康被害を受けることがあります。
また最悪の場合、死に至ってしまう可能性もあるのです。

 

家の空気が清潔

一般的なエアコンの仕組みと全館空調は、基本的にほとんど同じ仕組みとなっています。
「吸気することで空気を取り込み、排気することで元の空気を外に排出する」という仕組みです。
しかし全館空調では、外気を吸気する部分に高性能フィルターを取り付けています。
このフィルターを通すことでPM2.5・花粉・ハウスダストなどの細かなアレルゲン物質を断つことができます。
また全館空調は24時間稼働しているため、家の中でも換気がいつでも行われている状態となり、清潔な空気を保ち続けることが可能なのです。

 

空間設計が自由にできる

全館空調を導入することで家の天井を高くして吹き抜けを作ることや、広々としたリビングを作ることもでき、間取りの自由度が格段に上がるでしょう。
部屋の温度を気にする必要がないため、自分の好きな空間を自由に設計できます。

 

おわりに

今回は、高気密高断熱住宅におすすめする「全館空調」のメリットについてご紹介しました。
「年中快適な温度の中で生活したい」という方であれば、「全館空調」を取り入れることをおすすめします。
しかし快適な住宅の温度環境を手に入れるためには、全館空調を導入するだけではいけません。
気密性・断熱性がともに優れている住宅でないと、全館空調を導入したとしてもエネルギーを通常の住宅より多く消費してしまうことになるのです。
全館空調の機能を活かすためには、高気密高断熱住宅にすることが絶対条件なのです。
全館空調を導入した高気密高断熱住宅にすれば、エアコン一台の稼働で住宅全体の温度をいつでも快適なものに保ち続けることができるのです