ヤマト住建❁立川店❁  【女性スタッフブログ】

ヤマト住建立川店のスタッフの日々とお家のこと

住宅の温かさと健康について

こんにちは!
だんだんと冬の気配が本格的に漂ってくる今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

日本の住宅は、四季に対応している住宅はまだまだ少ないですが、
ヤマト住建は、世界基準のお家を建てることを掲げておりますので
高気密・高断熱のいわゆる
夏は涼しく、冬は暖かいお家を建てることが可能です!

そこで、本日は、冬も間近なので

住宅の温かさと健康の関係性についてお話したいと思います✨




「温かい家」は健康寿命を延ばし、脳の若さにも影響することがわかっています。

ヤマト住建では、健康・快適にお住まいいただける住宅を目指して、
気密・断熱性能にこだわり、住まいの温度差を生じさせない家づくりを行っています。

時代はEB(エナジーベネフィット)から
NEB(ノン・エナジーベネフィット)へ


EB

Energy Benefit(エナジー・ベネフィット)の略称であり、エネルギー消費量や光熱費の削減に係る効果・便益。

NEB

Non-Energy Benefit(ノン・エナジー・ベネフィット)の略称であり、エネルギー消費量や光熱費の削減に係る効果・便益以外の快適性・健康性向上。安全性などに係る便益。




欧米では、冷暖房効果が高く省エネルギー性能に優れている住宅は、住む人を自然環境から守り、気候が関係する病気や成人病の発症に対する予防効果があることは、誰もが知っている常識です。
日本でも高断熱住宅は風邪や冷え性だけでなく、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの改善にも効果があることが、各種の研究で明らかになっています。2020年に向けてZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を推進する国の住宅政策も、NEB(ノン・エナジー・ベネフィット)を重要視しています。
ヤマト住建では、2007年に「エネージュ」を発売以来、暖かく健康で快適に暮らしていただけるNEB(ノン・エナジー・ベネフィット)な住宅を提供しています。

断熱化することで、現在の健康状態の改善にも繋がります。

健康のために禁煙をしたり、食生活などの生活習慣に気を使っている方も多いのではないでしょうか?でも、実は生活習慣の見直しよりも住宅の断熱性能の改善のほうが重要なんです。
日本ではあまり知られていませんが、欧米では住宅の断熱性能と健康の関係は誰もが知っている常識。
風邪や冷え性だけでなく、アトピー性皮膚炎など、アレルギーの改善にも効果があることがわかっています。

『飲酒』『運動』『喫煙』『断熱』の4つの要素のうち、
『断熱』が最も健康改善に効果があります。
f:id:Yamatojktachikawa:20211024131136p:plain
高断熱住宅の健康改善効果
f:id:Yamatojktachikawa:20211024131144p:plain
f:id:Yamatojktachikawa:20211024131157p:plain
省エネで考えると、国が定める省エネ基準(Q値2.7W/m2・k)程度の断熱性があれば十分だと考えられていましたが、さらに断熱性能を上げると、健康改善に効果があることがわかっています。




実際に断熱した住宅に住むお客様の声(一部抜粋)
f:id:Yamatojktachikawa:20211024131207p:plain
■肩こりが軽くなった
■腰の痛みがなくなった
■風邪をひきにくくなった
■子供のアトピーが出なくなった

出典:近畿大学建築学部 岩前研究室




**********************************










WEB来店予約↓

http://u0u0.net/VGKa







ヤマト住建HP↓

https://www.yamatojk.co.jp/







***********************************