ヤマト住建❁立川店❁  【女性スタッフブログ】

ヤマト住建立川店のスタッフの日々とお家のこと

注文住宅のオーダーには種類があります!3つの種類についてご紹介

注文住宅の種類

注文住宅には種類があることをご存じでしょうか?
注文住宅の3つの種類について、ご説明します。
注文住宅選びのご参考になさってください。

 

注文住宅の3つの種類

注文住宅の種類は、

  • 企画住宅方式
  • セミオーダー方式
  • フルオーダー方式

の3種類です。

それぞれの特徴、どのような違いがあるのか、以下でご説明します。

 

企画住宅

ファッションで言うと、採寸から始まり、完全に本人に合わせた服を仕立てるフルオーダーに対して、事前に準備されている数種類から選びそれをベースに自分にあった服を仕立てるのがイージーオーダーです。
この考え方を注文住宅に取り入れたとされるのが、企画住宅方式です。
注文住宅という言葉のイメージとして、フルオーダー方式の家をイメージされる方も多いです。
そのため、「値段が高い」「打ち合わせが長い期間がかかる」「すべての内容を自分たちで決定しなければならない」などの部分をマイナスに捉えられる方もいらっしゃいます。

企画住宅方式は、そのような方に対応した注文住宅のスタイルです。
厳選された選択肢からインテリア・間取りなどを選ぶことができます。
厳選された内容から選択することができるので、注文住宅の自由度がありながら比較的安価・短期間で進行することが可能です。
特に大きなこだわりはないが、自分たちで選んだ注文住宅を購入したいという方には、企画住宅方式の注文住宅が適しています。

 

セミオーダー方式

フルオーダー方式と企画住宅方式の中間に位置するのが、セミオーダー方式の注文住宅です。
ある程度パターンは決まっていますが、その中から建具や床などを選び組み合わせて完成させていきます。
断熱材・材料などは、メーカーが事前に決定しており、決まっています。
それ以外のものに関しても、選択肢の中から決めていくことになります。
注文住宅というと、フルオーダー住宅を想像される方も多いですが、実際はセミオーダー住宅であることも多いです。
セミオーダー方式は、フルオーダー方式よりもコストを安く抑えることができますし、決定までの期間も短く済みます。
選択肢のなかで対応することができない内容もありますが、大きなこだわりがなければ満足できることも多いのが、セミオーダー方式の注文住宅です。

 

フルオーダー方式

フルオーダー式

すべてを自分たちで決める完全注文設計の注文住宅が、フルオーダー住宅です。
自分たちのこだわりをめいっぱい詰め込んだ唯一無二の注文住宅を作るのであれば、フルオーダー方式の注文住宅を選ぶと良いでしょう。
外観・設備・間取りなど様々な点において、一から組み上げていくことができます。
とても自由度が高いため、譲れないこだわりが多くある場合などは、フルオーダー方式の注文住宅が適しています。
フルオーダー方式のデメリットとしては、値段が高額になりやすく打ち合わせ期間も長期に及ぶことが挙げられます。

 

おわりに

注文住宅の3つの方式。
企画住宅方式・セミオーダー方式・フルオーダー方式について、ご説明しました。
それぞれの方式にメリットとデメリットがあり、一概にどの方式がいいということはできません。
自分たちが作りたい注文住宅の内容であれば、どの方式が適しているのかを考え、より良い方式を選ぶようにしましょう。
住宅購入はほとんどの方にとって、人生で一度の大きな買い物です。
だからこそ、購入する際には、妥協せず自分たちにとって良いものを選びたいものです。
方式についてもしっかりと知り、良い住宅購入を心がけると良いでしょう。